富山市庁舎を登記 富山県公嘱協会

| トラックバック(0)

富山県公共嘱託登記土地家屋調査士協会は創設25周年記念として、富山市役所本庁舎(新桜町)の建物を無償で登記した。国や自治体は法律で登記が免除されており、市のほとんどの建物は未登記の状態。森市長は「市は市民に登記をお願いする立場であり、本来は自らすべきことだろう」と話している。 不動産登記法は土地や建物の所有者に登記を義務付けているが、固定資産税が課せられない国や地方自治体は、付則で「当分の間は適用しない」としている。

 

20100824.jpg(2010/8/20 北日本新聞)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okayama-kousyoku.or.jp/mt/mt-tb.cgi/26

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、岡山県公共嘱託登記土地家屋調査士協会が2010年8月24日 22:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「土地家屋調査士制度に関する質問主意書」です。

次の記事は「土地家屋調査士法違反で測量事務所社長を逮捕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。