2012年6月アーカイブ

登記所地図修正に着手 土地境界線、地殻変動でずれ 仙台

| トラックバック(0)

 仙台法務局は東日本大震災に伴う地殻変動で、土地の境界線が移動するなどの問題に対応するため、登記所備え付け地図の修正作業に着手する。震災後初の対象地区として塩釜市藤倉1丁目、同2丁目を選定し27日、現地事務所の開所式が開かれた。

 登記所備え付け地図は国家基準点を基礎として測量した精度の高い地図で、土地の位置や区画を登記記録と一体となって特定する。塩釜市の藤倉地区では震災後の地殻変動で土地の境界などに不規則なずれが生じており、同市が法務局に地図の修正を要請していた。
 法務局によると、藤倉地区全体で東南東方向へ3.7メートル移動し、個々の土地の境界では事前調査で20~30センチのずれが生じた箇所が確認されている。
 作業の実施期間は来年3月末まで。住民説明会を行った後、土地家屋調査士が土地所有者立ち会いのもとで現地調査し、細部の測量を実施する。
 同市海岸通の現地事務所開所式で、法務局の高村一之民事行政部長は「土地境界などのずれが震災からの復興の妨げとなる懸念があった。修正作業で復旧に貢献したい」とあいさつ。出席した藤倉地区の町内会関係者らに作業への協力を呼び掛けた。
 現地事務所は12月末まで開設し、土地所有者の相談などに応じる。法務局は「精度の高い地図に作り直すことで、境界に関する争いを未然に防ぐことができる」としており、塩釜市を皮切りに県内各地で修正作業を実施していく方針だ。
(2012/6/28 河北新聞)


第27回 通常総会開催

| トラックバック(0)

 平成24年6月1日(金) アークホテル岡山にて第27回通常総会が開催されました。

 

IMG_3574-5s.jpgIMG_3575-5s.jpg

理事長挨拶 
当協会は、専門的能力を結合し、官から民へ25年以上前から不動産の表示
に関する権利の明確化推進事業を行ってまいりました。そして今回の公益法
人移行申請を機に、なお一層、公共嘱託登記に係る受託事業はもとより、地
図整備の促進事業・登記業務に関する情報提供事業・登記基準点設置事業・
境界標管理事業・嘱託登記に関する知識普及啓発事業等の国民の権利の明確
化に寄与する公益事業に関して、これまで以上積極的に取り組み拡充してい
く所存ですので、社員の皆様にご理解、ご協力を賜わりより良い事業をとも
に遂行できることをお願いし、挨拶とさせていただきます。

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Powered by Movable Type 6.1.2

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。