地球に電気帯びた粒子到達

| トラックバック(0)

 太陽表面の爆発現象「フレア」が6日夜観測され、情報通信研究機構によると、太陽から放出された電気を帯びた大量の粒子が8日午前9時ごろから地球に到着し始めたという。人体への影響はないものの、過去には人工衛星の故障や大規模停電のほか、全地球測位システム(GPS)の誤差が大きくなるといったトラブルを起こした経緯があり、警戒を呼び掛けている。(毎日新聞)

国立研究開発法人情報通信研究機構のウェブサイト

https://www.nict.go.jp/press/2017/09/07-1.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okayama-kousyoku.or.jp/mt/mt-tb.cgi/302

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、岡山県公共嘱託登記土地家屋調査士協会が2017年9月 8日 13:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「講演会開催」です。

次の記事は「首相 所有者不明土地対策の総合的な対策を指示」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。