2011年5月アーカイブ

県が隣地所有者に無断で杭打ち

| トラックバック(0)
県発注の諫早市小豆崎地区の「畑地帯総合整備事業」で、測量作業の際、施工業者が整備予定地と隣接地との境界に、隣接地の所有者に無断で杭(くい)を打ったことが分かった。施工業者を監督する県はミスを認め、12日に所有者に謝罪した。
 事業は市北部の小豆崎地区の46ヘクタールで、13年度までに約13億円かけて斜面地で狭い農地を区画整備する。今月8日、施工業者が無断で境界に杭を打ち、翌日、隣接地所有者が抗議したという。県は「業者の連絡ミスだった」と所有者に謝罪。所有者は「境界といえども、勝手に私の土地をいじらないでほしい」と話している。
(2011/5/17 毎日新聞)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Movable Type 6.1.2

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。